[自作機材] HPC-22WでAKG用ヘッドホンケーブル

[電子工作] 秋葉原に行ってきました の記事で、オヤイデ電気のステレオシールドケーブル「HPC-22W」を購入した旨を書きましたが、この記事ではそのケーブルを使ったAKG用のヘッドホンケーブルの製作について紹介します。

続きを読む

[雑記] 引越しました/新環境紹介

お久しぶりです、ニーテンゼロです。

前回の更新から2ヶ月が経ってしまいました。
私はこの春から京都の実家を離れ、函館で下宿暮らしをしています。
新生活がスタートしてから暫くは部屋が散らかっていましたが、大分落ち着いてきたので写真を交えて新居を紹介したいと思います。
主な機材は全て持ってきたので、パワードモニターを買い足した以外は概ね以前と変わらない機材環境となっています。

続きを読む

[UTAUカバー] 波音リツ/アンインストール(再調声版)

こんにちは、ニーテンゼロです。
UTAUカバー1作目の「アンインストール」動画内で、コメントにて再調声版を上げる旨をお知らせして約3ヶ月が経ち、ようやく調声や動画編集が終わり投稿するに至りました。

今回アップした動画です↓
  【波音リツ キレ音源】 アンインストール 【フルコーラス】再調声版

   http://www.nicovideo.jp/watch/sm21496533

続きを読む

[Synth] M50 Sound Lab #01

こんにちは、ニーテンゼロです。
今回は「DTM・ハードシンセ備忘録」と題しておきながら一度も書いたことがないハードシンセの音作りについて書いてみます。

普通はライブに向けての音作りとかを題材にする人が多いですが、今回は「既存曲の音を再現する」というテーマの音作りになります。 シンセプレーヤーとしては結構重要な能力ですよね? 初心者がシンセを買ってまず始めにするのもこういった音作りかもしれませんが…

続きを読む

[音響機材] パワーアンプ D-45導入

こんにちは。
部屋の模様替えとパワーアンプ「CROWN D-45」の導入をしました。

まずは模様替えについて。シンセの配置を変えました。
写真は作業机の右側です。これまでは作業机にシンセを置いていましたが73鍵盤となると机の上が占有されてしまうのと、できれば立って弾きたかったので常時スタンドの上に置くことにしました。

続いてパワーアンプの件です。
CROWN D-45を導入しました。
少し前にClassicProのCP400を購入したのですが冷却ファンが爆音で使いものにならない(音質は問題ないだけに残念)のでファンレスのパワーアンプを探していました。

クラウンのアンプはモニター用に定評があり憧れの存在でしたが私にとっては高価で手が届きませんでした。ところが偶然掲示板で知り合った方から安く譲っていただきました。

スピーカーの能率が低いこともあり、ある程度のパフォーマンスで使用できています。
スピーカーケーブルもCP400導入時にベルデン8460に交換しました。

このD-45は日本仕様の「AMCRON」ブランドではなく米国仕様の「CROWN」ブランドのものです。
電源はアメリカ115V仕様ですが問題なく動作しています。

ミキサーとの接続はこれまで通り、HOSAのXLRケーブル(コネクタはノイトリックの廉価ブランド「REAN」)で接続していますが、D-45と一緒に譲ってもらったベルデン8412のケーブルもあるので後日コネクタを両方ノイトリックのXLRに交換して使ってみようと思います。

[UTAUカバー] 副音レイタ/ガーネット

こんにちは。
また前回の動画投稿から4ヶ月が経ってしまいました。

今回も続いてUTAU音源「副音レイタtender」使用のカバー曲です。
音源に合うスローテンポな曲を探していて 「ガーネット」 に行き着きました。
サマーウォーズと同じ監督の映画 『時をかける少女』 の主題歌です。
その映画監督とは細田守さんですが個人的にはとても好みの作風です。
是非とも 『おおかみこどもの雨と雪』 も観てみたいですね。

今回アップした動画です↓
  【副音レイタtender】 ガーネット/時をかける少女 【UTAUカバー】

   (ニコニコ動画→)http://www.nicovideo.jp/watch/sm20634643

続きを読む

[UTAUカバー] 副音レイタ/会いたい

こんにちは。
前回の動画から4ヶ月が経ってしまいましたが、なんとか年内に間に合いました。

この記事は年明け前から書き始めたのですが、途中で新年になってしまいした。
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

改行を気にして長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

今回アップした動画です。
   【副音レイタtender】 会いたい 【UTAUカバー】

(ニコニコ動画→) http://www.nicovideo.jp/watch/sm19643179

動画説明文からのコピペですが、ざっくり言うと…

UTAUエディタでは発音とビブラートの調整のみで、ほとんどベタ打ちです。
オーディオ書き出し後にDAWでタイミング補正、ピッチシフターでピッチとダイナミクスの補正をしています。
UTAUエディタでは再現できない細かいピッチ補正をしました。

といったところです。

続きを読む

[UTAUカバー] 波音リツ/アンインストール

UTAU音源「波音リツ」のキレ音源の動画が伸びていたので早速落としてみました。

UTAUはシンセサイザー的要素が少ないので今まであまり興味ありませんでしたが、連続音音源ってすごいです。
http://kenchan22.web.fc2.com/i/utaurenzoku/utaurenzokuon.html#15-1

CVC式音源といって、ひとつのサンプルが「母音→子音→母音」になっていて、異なる行の歌詞でもスムーズに発音できるのが特徴。

課題曲の方は…
どうやら打ち込み曲じゃないらしく、テンポが微妙に変わってMIDIデータとタイミングが合いません。結局リアルタイムで打つことにしました。

作業手順:

・適当な鍵盤でノートオン情報だけリアルタイムで打ち込む

・レガートでノートを伸ばす
・音程情報を上書き
・MIDIで書き出した後UTAUエディタに取り込み
・歌詞入力
・修正
・ミックス
ビブラートはほとんどオート機能です。一部手動で修正しましたが。
クロスフェードとピッチのエンベロープ調整は結構頑張りました。

声質は…V1MEIKOに似ているかな? ニュアンスは付けやすいと思います。
無機質がいいとき→AquesTone 感情込めたいとき→波音リツ という使い分けがいいかと思いました。

  →【ニコニコ動画】
  →【YouTube】

音源に集中して欲しかったからPVは付けないでおこうと思ってたけど、
歌詞が無いのも聞きにくいから結局付けました。

作業中のスクショです↓


[DTM] Aquestone/弱虫モンブラン

【AquesToneカバー】 弱虫モンブラン 【歌わせてみた・MIDI】

動画リンク:
    → 【ニコニコ動画 -本家PV版】
    → 【YouTube -本家PV版】
    → 【YouTube -Cubaseキャプチャ動画版】

キャプチャリングソフトの調子が悪くてCubaseキャプチャ版はアップロードが遅れました。
そこそこフレーム数は確保しましたがエンコードの品質が悪いですね・・・

今回は歌詞らしい歌詞がある曲です。本来はピッチベンドで音程を変えるべき部分もノートを変えて母音だけ発声させてそれっぽくしました。

そして今回は一応Panも振って、トラックにもインサート挿したりしましたが、今聞くとやっぱり音作りが甘いなと思わされます。ギターとかはガッツリ作りこんだつもりですが、他のパートは殆どプリセット音ですし。

Cubase Elements6 に付属のHALionSonic SEはGM音色以外は10種類くらいしか入ってないので、間奏のサイン波っぽいところはいっそSynth1で作ってやろうと。フリーのVAシンセ音源ですがHALionより奥が深いですね。私はPCMシンセ弾きですが音作りの勉強になります。

今回はオートメーションでSynth1とAquesToneのトラック音量変化させました。もっと思い切って掛ければよかったかな?

音源に関してはお金を貯めて、製品版HALion Sonicを買うのもありですがCubase Artist6に乗り換えるのもひとつの手かと思います。機能としてはElements6でもその性能を使いきれていませんが、快適さとか自動操作はArtistの方がいいですし、MIDIのリストエディターはElements以下には無いのが痛いですから。Artistならオーディオのピッチシフトも出来ますしね。(フリーの波形編集でピッチ系を弄ると大変なことになります。Cubaseでタイムストレッチを初めてしたときは感動モノでした)

最後に… 何故 弱虫モンブランを選んだか ですが
①打ち込みの曲(再現性がはっきりわかる)、ボカロ曲(AquesTone使うから)
②BPMが120←これ重要 最初テンポの設定が分からなかった(!)いやトランスポートパネルにあるのに最近気付いたので本当に。

ボカロといえばV3IAも欲しくなってきました。

[DTM] AquesToneで『てってってー』を歌わせてみた


【AquesToneで】てってってー 【歌わせてみた】 MIDI試作1


 動画リンク:  【ニコニコ動画】
         【YouTube】
追記:
MIDIデーターをアップロードしました。
Cubase からそのまま書き出しただけなので、ピアノ音でドラムパートが鳴っていたりします。各自DAWで編集してお使いください。
このmidiはAquestoneに最適化されていますが、普通のmidiはニコ動のリンク先に本家様?のものが置いてあります。
 
MIDIダウンロード

──追記ここまで──

作業始め早々は「歌詞入力」を想像してゾッとしたけど
歌詞は「な」と「て」だけなんだから、トラックを分けて、
「な」専用と「て」専用のVSTを2個突っ込めば解決(゜∀゜)ニヘヘ

で、テンション上って一晩でミックスダウン=3
気付けばパン振りを全くしてなかった(゜Д゜)

そしてCubaseはレベル調整が難しい・・・orz
気付けばミキサーの「CLIP」と目が合ってショボーン。
だから、ある程度整えたら音量小さめのままwav書き出ししました。
それをもう一度、SoundEngineでコンプとかを掛けて仕上げ。

映像のことを忘れていた。
書き出したwavとソフトキャプチャで撮ったCubaseの再生画面をムービーメーカーで
合わせてみる。
タイミング補正は5分ほどで終わった。 [ファイル]→[書き出し>]→[WMV…
あっ、MP4が無い!! ニコ動の推奨形式はMP4。
はい、Microsoftの策略ね。WMVだけ対応とか。
MSならこういう事よくあるのに、気づかなかった自分が悲しい。結局MWVでアップした。

そんな訳であんな画質になったのですな(^_^;;)
次は動画作成にどのソフトを使おうか… ソフト面も詳しい自作友達に聞いておこう。