[DTM] Aquestone/弱虫モンブラン

【AquesToneカバー】 弱虫モンブラン 【歌わせてみた・MIDI】

動画リンク:
    → 【ニコニコ動画 -本家PV版】
    → 【YouTube -本家PV版】
    → 【YouTube -Cubaseキャプチャ動画版】

キャプチャリングソフトの調子が悪くてCubaseキャプチャ版はアップロードが遅れました。
そこそこフレーム数は確保しましたがエンコードの品質が悪いですね・・・

今回は歌詞らしい歌詞がある曲です。本来はピッチベンドで音程を変えるべき部分もノートを変えて母音だけ発声させてそれっぽくしました。

そして今回は一応Panも振って、トラックにもインサート挿したりしましたが、今聞くとやっぱり音作りが甘いなと思わされます。ギターとかはガッツリ作りこんだつもりですが、他のパートは殆どプリセット音ですし。

Cubase Elements6 に付属のHALionSonic SEはGM音色以外は10種類くらいしか入ってないので、間奏のサイン波っぽいところはいっそSynth1で作ってやろうと。フリーのVAシンセ音源ですがHALionより奥が深いですね。私はPCMシンセ弾きですが音作りの勉強になります。

今回はオートメーションでSynth1とAquesToneのトラック音量変化させました。もっと思い切って掛ければよかったかな?

音源に関してはお金を貯めて、製品版HALion Sonicを買うのもありですがCubase Artist6に乗り換えるのもひとつの手かと思います。機能としてはElements6でもその性能を使いきれていませんが、快適さとか自動操作はArtistの方がいいですし、MIDIのリストエディターはElements以下には無いのが痛いですから。Artistならオーディオのピッチシフトも出来ますしね。(フリーの波形編集でピッチ系を弄ると大変なことになります。Cubaseでタイムストレッチを初めてしたときは感動モノでした)

最後に… 何故 弱虫モンブランを選んだか ですが
①打ち込みの曲(再現性がはっきりわかる)、ボカロ曲(AquesTone使うから)
②BPMが120←これ重要 最初テンポの設定が分からなかった(!)いやトランスポートパネルにあるのに最近気付いたので本当に。

ボカロといえばV3IAも欲しくなってきました。