[鉄道] 京阪 深夜急行撮影録

Pocket

春休みの帰省中に京阪電車の撮影に行ってきました。
今回は「深夜急行」など、夜遅い時間帯の変則ダイヤの記録を主旨としました。昨年末に運転免許をとったので、公共交通機関が動いていない時間帯でも車で出向いての撮影が可能となりました。

* * * * * * * * * *

枚方市で待ちます。「深夜急行」の終着駅の1つ手前(=方向幕を撮影できる最後)の停車駅です。
DSC_3993

 

* * * * * * * * * *

4番線、大阪方面(優等)ホーム。

「普通/淀屋橋」 「急行/淀屋橋」 両者とも日中の京都方では見られない運用です。
4番線に「普通」が入るのも珍しいのではないでしょうか。

DSC_3963

 

「普通/守口市」
「急行/淀屋橋」
7連車の急行運用です。

DSC_4090

 

淀屋橋ゆきの”7連急行”の車両は5000系、45週年HMを掲出していました。

DSC_4118

 

3番線、大阪方面(鈍行)ホーム。
「普通/寝屋川市」
寝屋川車庫への回送を兼ねた運用ですね。

DSC_3971

 

 

* * * * * * * * * *

 

1番線、京都方面(優等)ホームに移ります。
この時間帯は緩急接続が無いため、鈍行も含むほとんどの列車が1番線に停車します。

「準急/三条」
「準急/淀」
ともに日中は見られない運用です。
日中は準急が丹波橋で特急に追い越されるため、準急の「三条にはこの電車が先着」の表示も珍しいのではないでしょうか。

DSC_4018

 

「準急/淀」
「特急/三条」
この特急は途中駅(三条)で出町柳ゆきの各駅停車に変わります。途中駅で種別が変わる、京阪で唯一の運用です。

DSC_4048

 

樟葉止まりの8000系「特急」も走っていました。
DSC_4167 DSC_4177

 

そして今回の主役、「深夜急行」の発車標を見ます。

DSC_4211

 

英語表記は「Midnight Exp.」

DSC_4215

 

0時33分発 淀ゆきの準急を見送って・・・

DSC_4367

 

およそ10分後
「電車が到着します」

DSC_4271

 

車両は9000系、9005編成でした。

DSC_4393
方向幕。
DSC_4387

 

コンデジで動画も撮影しました。

 

写真はここまでです。

ところで、何故1日に1本しか走らない「深夜急行」の種別をわざわざ作ったのか、気になったので調べてみました。
京阪からの公式な発表はありませんが、ネット上の情報によると下に示す条件を満たすように「深夜急行」の種別が設定されているようです。

  • 地下鉄御堂筋線の終電からの乗り換えが間に合うように淀屋橋を発車する
  • 需要の多い樟葉まで走らせる
  • 午前0時50分までに営業運転を終える

これらの条件を満たすため、急行停車駅の守口市と枚方公園を通過させる必要があったようですね。
ただし御堂筋線が遅延しているときは、御堂筋線終電が到着するまで発車を待ち合わせることもあるようです。

 

* * * * * * * * * *

おまけ: 叡山電車 NEW GAME! コラボ企画 等身大パネルとラッピング電車

別の日に叡山電車の撮影に行ってきました。

等身大パネルとラッピング車両を撮るだけなので、入場券を買って構内に入ります。
今となっては珍しい、硬券の入場券です。もちろん磁気カードではないので、自動改札機は通れません。

DSC_7692

 

等身大パネルは1番線、八瀬比叡山口方面の乗り場近くに設置されています。
DSC_7484
DSC_7462

 

敬礼する青葉ちゃん。
DSC_7465

 

2番線にラッピング電車が入ってきました。
DSC_7646

 

ヘッドマーク。出町柳側。
DSC_7549_1

 

鞍馬側。
DSC_7618

 

車体側面に”NEW GAME!”のタイトルロゴと、それに似せた”NEW EIDEN”のロゴがあります。
DSC_7552

 

車内も壁面やドアの一部にラッピングが施されています。
DSC_7560

DSC_7567

 

Pocket