[PC] DELL inspiron キーボード修理&SSD換装

Pocket

DELL inspiron のキーボードを修理し、システムドライブをHDDからSSDに換装したときのメモ。

実家から「パソコンが特定のキーを押しても反応しなくなった」との連絡が入り、電話越しに検証したところハードウェアの問題である可能性が高いと判断。
この手のトラブルの場合、パソコン本体をメーカに送付し、修理が終わったらまた宅配されてくるのが一般的ですが、DELLの場合はパーツの交換品が送られてきて、ユーザ自身で修理するというスタイルをとっています。
保証期間内だったので依頼すれば引取修理も可能でしたが、引取修理で長期間にわたってパソコンが使えなくなるのは困るそうなので、交換部品を手配したうえで、修理は私が帰省した際にすることになりました。

キーボードを交換するついでと言っては語弊がありますが、HDDから、私の余っていたSSDに換装することになりました。CPUやRAMはワープロやインターネットをするには十分なスペックであるにも関わらず体感速度が遅いためタスクマネージャでパフォーマンスを確認したところ、ストレージのアクセス速度がボトルネックになっているようだったため換装することにしたのです。

* * * * * * * * * *

配送されてきた交換部品のキーボード。
近年流行りのアイソレーションキーボード。スイッチの方式はメンブレンと思われます。打鍵感は浅い。
inspironkb

 

キーボードの交換。キーボードの周囲にある凹みにマイナスドライバを押し込むと爪が外れ、キーボードを取り外せます。続いてコネクタからケーブルを取り外します。

取り付けは外すときの逆の手順で可能。ケーブルを取り付け、爪のある位置を手で押さえるとカチッと音がしてキーボードが固定されます。
キーボードの着脱のためにネジを回すことは一度もありませんでした。

IMG_20150818_174931

交換が終わって電源を入れると、無事にすべてのキーが反応しました。
やはり原因はキーボードの物理的な故障だったようです。

* * * * * * * * * *

続いてストレージの交換。

バッテリを取り外し、裏蓋のネジを緩めて裏蓋を外します。HDDは金属製のケースに収まっているので、そのネジも緩めてケースから取り出します。

IMG_20150817_214256

 

 

取り外したHDDと、取り付けたSSD。
HDDはWestern Digital製の500GBのモデル。
SSDはTOSHIBA製(CFD販売)の128GBモデル。今年7月にメインマシンから取り外したもの。(記事は書きませんでしたが、7月にメインマシンのシステムドライブをこのSSDから同シリーズの256GBモデルに換装しています。)
IMG_20150817_215826

 

これまでの環境をそのまま引き継ぐため、HPのMicroserverにHDDとSSDを接続し、CDブート可能なディスククローンソフトを用いてHDDからSSDにイメージをコピー。
IMG_20150817_220244

 

クローンしたSSDを取り付けて作業終了。ストレージの取り付けも、外すときの逆の手順で可能でした。

 

Pocket